PGUの永久戯言

エロゲやめました……ラブライブ!にハマり、白猫メインでやってます。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラブライブ 2期10話の感想文を書いておかねば……ならないようですね……。

●いつもの戯言のような。


俺氏「スクフェスはな……戦いなんだ――」

友人「そっすね」シャンシャン

俺氏「凛たそ……三枚迎えにいきます」

友人「」

俺氏「聞けや」

友人「ごめん……ちょっと黙って」シャンシャン

俺氏「あ、はい……すいません……」

友人「」シャンシャン

俺氏「って、これイージーじゃねぇか! なんでスコアマッチやらずに普通にスノハレやってんだ!」

友人「いや、俺、無課金だし……それにイベント参加するほどモチベは――」

俺氏「うわああああああああああああああああああああああああああああふざけるなあああああああよおおおおおおおおおおおおおおおおお」

友人「それに音ゲー嫌いなのにお前が俺のあいふぉね使ってスクフェス入れたんじゃねーか」

俺氏「そ、それでも……ら、ラブライブが好きな者同士、やはりスクフェスはやらなくちゃ、いけない気が……して、さ――そう、思うだろ?」

友人「お、のんたん誕生日でもらった石でガチャ回したら単発でSRのんたんきた!」

俺氏「聞けやああああああああああああああああどりゃあああああああああああああああああああああウワアアアアアアアアアアあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」

友人「ところでこの長押しのヤツ……離すの難しいな……どうすんの?」

――そこから先のことは、もう覚えていない。








































































ってことでラブライブ2期10話感想文いきまああああああああすうううう

ネタバレいっぱい書いちゃうと思うんで、未視聴の方はご注意ください。







































































――終に、決着。

A-RISEとのμ'sとの決着がついたようです。

……次回予告では不安たっぷりでしたが、

まさかいきなり結果がわかってしまうとは……。

上から降りて来るA-RISEに対して、頭を下げる穂乃果とか見てて、

もうなんか……ああ、そうか……お前ら、勝てたんだなって。

そのまま階段を降りていくA-RISEに対して昇っていくμ's。

勝手に勝者と敗者の構図のように見ていました。

しかしあれだけ有名で、みんなが応援していたであろうA-RISEだけど、

やはり敗者となったA-RISEには誰も目もくれないのは心が痛かった。

単純にそういう描写がないだけだと思いますが――

ツバサの回想でモニターに背を向けて歩いていき、

ポスター?に当たってた照明が消えるシーンは見ていて本当に辛かったです。

……勝者がいれば、敗者がいる。

μ'sが勝ってくれたのはやっぱり嬉しかったけど。

やっぱり、A-RISEも応援したくなるようなシーンでしたね。

しかああああああああああし!!!!

真姫の衣装よかったよな……。。。

あとにこと二人並んで輝夜流れそうだわ。

それに三年生組の巫女姿が最高に似合っていましたね。にこ可愛い!!!

にこの><の顔がすごくかわいいなぁああああああああ

絵里カッコいい! 希やっぱ綺麗だあああああああああ。

だけどやっぱり三年生はもう卒業してしまう。

少しずつ終わりが近付いてきているのがはっきりとわかって……、

一年生組と二年生組の決意。

そして三年生組の葛藤……「これからのこと」というのが怖いです。

本当にこのまま……どうなってしまうのかなって――

さて、今回のお話のメインは無事にラブライブ出場は決定したけど、

その際にメンバーのキャッチコピーが必要になるということ。

でも、どうしても決まらないままで……。

そんなとき、穂乃果の前に現れたのはツバサだった。

A-RISE倒したからはい終わり。ではなくてまだツバサが出てきたのは驚いた。

A-RISEは正直、最強だったし、μ’sに負けるつもりもなかった。

だけど負けた。その事実は変わらない。

それでもツバサはどうしてμ’sに負けたのかその理由を知りたかった。

これまでの実績、実力を考えればやはりA-RISEの方が上だとは思う。

だけど負けた。なぜ負けたのか――

それはμ’sを突き動かす原動力――それが解ればきっと、納得できるはず。

でも、穂乃果にはわからなかった。

これまで進んでこれたのはきっとライバルとして認めてくれたA-RISEがいたこと、それに違いはない。

だから、μ’sを突き動かす原動力……それがキャッチコピーになるはずと海未は言う。

最終予選、ここまで来れたのは、A-RISEに勝てたのはみんなのおかげ。

道を作ってくれた音ノ木坂の生徒たちに感謝をこめて穂乃果は餅をつくわけですが、

そこからの絵馬を見るシーンはやはり泣きそうに、いや、泣いたんですが……

なんだか応援したくなる、そんな存在。

雪穂の言い方がほんとよく現してるそんな気がしますね。

そうして決まったキャッチコピー……それはとても深い、深い――

――これがどれだけ強い意味を含んでいるのかも。

自分がこの物語を知ることができたのは、見ることができたのは、

彼女たちを最初からずっと支えてきた人たちのおかげだということです。

だから適当なことは言えないのでこれに関しては自分は何も言いませんし、言えません。

ただ一つ、ありがとうございますとだけ、言いたいです。

――本当に、みなさんのおかげで出会えました。

ずっと応援してきた人たちがいるからこそ、今のラブライブがあるんだと。

だから、そんな人たちに感謝をこめて、微力ながら自分も応援したいです。

あまりにも知らなさ過ぎる新規ファンですので何の力にもなれませんが、

自分も……やっぱりこの作品が大好きだと、そう思います。

では、この感想文はここでぶった切ります。

残り3話?ですか……、そんな、もう……いやだ――いやだよ――

どうしよう……本当に、これが終わったら、終わったら、どうしよう――

生きたい。

あと12話って……マジすか? おうのーまいがー

































なんか今回の話でA-RISEのことが気になって仕方がないです。

この先のA-RISEがどうなっていくのかも気になりますね。

そりゃ、μ'sが勝ったことは本当に嬉しいんですけどね。

でもあの背中向けて歩いていくとことか、階段おりてくとこ、

当てられてた照明が消えたり、それにED流れる前のツバサとか、

なんか見ててほんと……うわあああああああああああああ

いま、のぞりんとりんぱなでSS書いてたんですけど、

A-RISEサイドでなんか書こうかな……、とか恐ろしいこと思ってます。


↑↑クリックよろしくおねがいします><
スポンサーサイト

| 永久戯言 | 03:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


【いろいろと応援中♪】

『プリンセスラバー!』応援中です!
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。