PGUの永久戯言

エロゲやめました……ラブライブ!にハマり、白猫メインでやってます。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天色アイルノーツ レビュー・感想

iii.jpg

天色アイルノーツ レビュー・感想

※ネタバレあり注意


↑↑クリックよろしくおねがいします><




















さぁ、今回もごっといたー2の体験版で忙しいので、

いつもよりクソ適当な簡易感想文でいきますよぉー

? いつも何書いてるかわからないって? そのとおりです……

さてさて、ゆずソフトといえば実は背景に前作のヒロインらが映ってたりするんで、

それを探すのも楽しいですねぇ。ドラクリのヒロインはどこかなーって。

一つの背景に結構な数のヒロインが映ってたりしますねぇ。

声補正でちょーびっくり可愛い愛莉いいいいいいいい

髪を解いてるときもそうでないときもオーラがぱねええええええ

くっそおおおおぼくはロリっぽいのは苦手なのだけれども、

この子はスペシャルだわ。すごいぞーかわいいぞぉお

ふううううううううううううううぶひ

ふざけたこと言ってくれたりするんでニヤニヤできます。

中のヒトが前回演じてたのとは正反対なキャラなんで見てて楽しいです。

ふひ、とか言い出すのにはワロタ。

とりあえず体験版までは吹き飛ばしてっと、さっさと進めるぜぇ。

褐色銀髪とか最強じゃね?

なんか異世界からやってきたかもしれねぇらしい。なにそれぇ

でも島が浮いてる世界なんだからおかしなことの一つや二つ気にならないぜ。

ごぶいちむりりんの絵が好きな理由としては、

ヒロインが可愛いというよりも男がイケメンだからですはい。

女の子の絵うまくても男ださいとショッキングなんで、

イケメンいっぱい欲しいです。でもぼくはホモとかそういうのじゃないです。

しかししゃーりーの兄貴イケメンすぎやっぱりしね。

愛莉はロリすぎて自分の体型にコンプレックスあるんで胸の小ささに絶望してたり、

まぁ、なんといいますか可愛いんですねハイ。落ちてないかな。

自分を磨く為に主人公を奉仕するといいとか、

なんか夕音のせいで裸エプロンで頭ぱっぱらぱーになって、

なんか無茶苦茶言い出すし可哀相に……病院行こうぜ。

さぁ、彼女のお話の始まりは大事な携帯を無くしてしまうとこから始まります。

愛莉はメールがないとやり取りが出来ない子でもあるので、

これがなくなってからなんか頭おかしくなってるのです。

ただどうしても肝心なことだけは言えないのですよね。

謝ることもできないし、携帯を使うのはいけないことだとわかっていても、

面と向かって声を出せない恥ずかしがり屋さんなのです。

あとのフォローは主人公がやってくれるので大丈夫です。

ついでに便利なときの実里さんである。こいつ攻略させてくれよぉ……

無くした携帯と同じモノというのはムリだったけれど、

それでも主人公は愛莉に携帯をプレゼントするのでした。かわい。

なんやかんやでいつの間にやら恋人なってやることやってー

なーんだいい感じだね。もう終わりかな。これ終わりかなー

そんなわけないのですねそうですよね。

いつでも困ったときや悩んだときは主人公に助けられてばかりだったから、

だから一人でなんでもできるようにと頑張ります。

主人公はどうして島に行き、再び教師の道を歩んだのか。

元々、教師であった主人公だが何か過去にあって辞めていたような……

それは他のルートでわかるのかな? 気になりますねぇ。

あ……おわった。。。

女の子がご飯食べてる絵だいすきいいいいいいいいい

夕音も中の人補正でいいっすね。変人(?)ですが。

小さな怪我でも反応変わるし、何か顔にあったような。

スポーツで過去に怪我をしたようですが……。

高飛びをしていたようですが、主人公がやりたいと言い出して、

夕音にもう一度スポーツをやってもらうのではなく、

まずは自分から始めてみる。どんなものかやってみる。

それは主人公が彼女との距離を縮めるためのものだった。

主人公が夕音に高飛びをすることを強要するんじゃなくて、

自分からやってみるという立ち回りがよかったですね。

そっから夕音が自分で跳んでみたいと思い始めて――

怪我をして、もう跳びたくなくなった。

だから逃げるようにして島に留学した。

それは卑怯だと、でも違うわけで。

別の道を選んだことだ。何か別のやりたいことを見つける為に、

だからこの島に来たんだと。それは卑怯なんかじゃない。

主人公いけめん。

ええこと言ってるけどおでんの屋台で言ってんだよな。

一番のイケメンは屋台の大将なのかもしれない(´ω`)

夕音の父の容態が悪くなったので日本に帰ったのだけれど、

生徒が教師を好きになるというのはいけないことだと解っているから、

だから、もう終わりにするために島に帰らないことにした。

しかしなんというか家族みんな物分りよくてよかった。

大事な話してんのにギャグしてんじゃねぇよwww

いい話だなー。

終わった。最後どうなったんだろ……。

真咲ルートいくぜえええええ

おっぱいおおきい。ケモノ耳に尻尾かわいwww

声も好きなヒトなんで高まりますぜえええええ

真咲の親父が突然倒れてからが問題。

盲腸だったみたく命に別状はなかったけれどお店は開けないし、

近々行われるグルメコンテストにも出られない。

手術は成功したけれど真咲の空元気が心配だった。

なら少しでも、少しだけでも真咲に笑顔を取り戻すために、

みんなで店だけでも開くことにしたのである。

しかし看板メニューがないのでどうしようもない。

と、思ったらなんとカレーをメニューにするのだった。

島にはそんなモノないからそれを出せばいけるはずだと。

そんなうまいこといくのかね……いっちゃったよ。。。

真咲のこのなんか棒読みみたいな喋り方めっちゃ好きなんよね。

これは中の人が別の作品でもなんかそんな感じの演技だったんですけど、

とっても可愛くて好きです。いい声だなぁ。いい仕事してますねぇ。

真咲のためにいろいろ主人公が動いてくれて、

気がついたら真咲は主人公のこと好きになってたけれど、

初めての感情に戸惑っておられる模様……

しかしみんなにはバレバレw

頭撫でるだけでイカせる主人公、だと? ふざけやがってー

真咲の感情に気づいている主人公だけれども、

やはり教師と生徒の恋愛はご法度。

嬉しいけれど、どうやって断るかそれだけを考えていた。

と、思ったらなんかおかしいこと言ってんぞおいいいいい

いきなりペットにしてくださいっておかしいやろおおおい

おかしいけれど、直球で感情をぶつければ断れるということは、

真咲もそして友達もわかっていたからそう言ったのである。

恋人にはまだなれないけれど、だけど一緒にいれるならなんて。

勘違いと空回りで突き進んでいく二人。

主人公が真咲の気持ちに気づいて焦ったりとか見ててよかった。

なんだこいつらかわい。島から落ちろ。落下死しろ。

ああくっそおおおなんで実里のルートないかなぁ。

攻略させて欲しかったなぁ……なんでかなぁ。

なんでいつもここのは攻略したいヒロインの攻略できんのかねぇ。

グラはなくても久能先生めっちゃいいヒトすぎて泣いた。

主人公が悩んだとき悩みを打ち明けたとき、

教師としての価値は自分では決められない。

その価値を見出すのはきっと他の誰かが評価してくれたときだ。

だから――

自分の正しいと思った道を歩きなさいと言ってくれた。

教師も人間だから、過ちを犯すこともある。

だけど正しいと思ってその先に進めばいい。

――しかし真咲はその頃、自分の気持ちを捨てようとしていた。

ハーフのセリアンスロープは一人で感情を抑えようとすると、

二度と恋をしない。なんてこったいなんだそれ……。

さすがに主人公許せんよなあああああってなって走りだすわ。

捨てようとしたとき、主人公は叫んだ。

捨てるな。それはお前だけのモノじゃないんだぞと。

真咲ルートは他のルートよりも遥かに面白かったな。

まぁ、感情抑えたら一生恋できませんってのはなんじゃそれってなったけど、

なんかもうどうでもよくなったわ。おもしろかった。おしまい。

さてーつぎは露出変態マンのしゃーりーの攻略だ。

主人公が教師としての自信をなくした理由が解るのかどうか……

単純に俺が見逃してるだけなのかもしんないけど。。。

さてさて、木乃香が登場したときもなんかいつもと雰囲気違ってたりと、

なんかカナタビトとかいうのがこの子には関係ありおるようで、

さて、お母様というのはなんなのでしょうか。

子どものころに突然現れるモノを幻や夢と思い込み、

自分の住む島すらもそれと同じと思ってしまい怖くなってしまったのだ。

それから家にこもりがちになったのである。何もかもが怖くなった。

絵を描き始めたのは残るモノだから。逃げるためのモノだから、

負の感情で描いたモノだからコンクールにも出せないのである。

不器用で、不安を抱えたまま、けれどそんな不安に必死に耐え続ける姿。

笑顔だって作ったモノで、だけどそんな顔を見たくはなかった。

たとえこの世界が本当に御伽話のような夢や幻だったとしても、

彼女を取り巻く人達やこれまでの想い出まで幻想なわけがないのだから。

しかし今作の女の子全員乙女すぎんよな。

恋ってなーに?みたいな女の子が多すぎたwww

主人公のこと気になるけどこの気持ちなんなの?みたいなん多すぎる。

いいんですけどねニヤニヤとまらんぞ。

シャーリィいたっては病気レベルです。主人公と遭遇すると脱兎してきます。

この子のジト目で口元が~~~←?ってなってる顔グラめっちゃ好きっすわ。

折角、悩みは解決したけどなんだか主人公のこと考えると眠れなくなって、

なんかまた寝不足になってしまってるわけで。もうはよ告白しろや。

授業中にオナるヒロインだしぃ。とんだいんらんだしぃ。

しかしまさかの久能先生の奥さん、元教え子だったんかよ……。

じゃあもう主人公がんばれお前もいけ、はよエロいことしろし

日本の修学旅行で島にやって来ることになったのだが、

とんだ偶然。なんとやって来る生徒らは主人公が前に勤めていた学校の子たちだった。

やっとこさついに主人公の過去が語られますね気になります。

なぜ主人公が教師をやめようとまで思いつめたのやら……。

主人公が明らか様子がおかしいので回りも気づいているのですが、

一体どうしたのやら……

過去いた学校であったいじめを解決こそしたものの、

いじめられた生徒は転校してしまった。自分の無力で何も出来なかった。

そう主人公は思っているのである。これは誰かがどうにか出来るものではない。

だからただ黙っていることしか出来ないのだろう。

本当にそうなのか? シャーリィはそう思っている。

前の学園では得られなかったことを、この島の学園では与えられる。

シャーリィが謎のプラン「世界温暖化計画」を開始する。

しかも何故だかシャーリィは過去、いじめで転校してしまった女の子と友達になってる!?

なんだなんなのこれなぁに! シリアスな展開かと思ったら、

なんだかおもしろくなってきたぞぉ。くっそーだましたあああよくもだましたああ

ここ最近、元気がないということはクラス全員が知っていた。

だから主人公を元気付けるためにサプライズなぱーてーを用意してたのだった。

おおいえええ話やのー泣きそうになったぜ(画面よく見えてない

過去のことは別にいい。置いていけとは言わない。

だけど、今の自分まで卑下するのは止めて欲しい。

少なからず主人公のことを良き聖職者であると思っている。

価値は自分で決めることは出来ない。決めるのは自分ではなく誰かだ。

とりあえず最後に奈津美攻略させろやぼけ。かわいすぎるしぃ。

よかったほんとよかった。しやりールーと素晴らしかったで。

やっぱ主人公の過去がシナリオに組み込まれてるのは卑怯だ。

全ルートの中でやはり一番面白かったと思います。おわり。

さて、今作の隠しキャラことティアさんを攻略するよ!

声どこかで聞いたことあるけど名前知らないので知らない人でしょう!

エルフ耳ひさしぶり。

しかしかわええのおおかわえええの

恋わずらいなどと彼女は言っているし、恋がしたいと言っていた。

でもモテモテですぜ。

主人公のこと好きなんですねばかやろふざけろ

ティアが好きな他のエルフが出てきたようで、これでもう終わり。

と思ったらなんか違った。なんだよそれはよー

主人公ほんと上手く立ち回るなって。

くそー

ティアを主人公がうまいことフォローして、

そのままええ感じになってよーメガネ割れろ。

ティア先生の覚悟ぱねぇ。めっちゃええ先生やでぇ……

かわい。

さぁ、これで最後だ!!!

隠しヒロインの二人目の木乃香を攻略するぞ!!!

いきなりすっぽんぽんで現れた謎の少女。

銀髪ってかこれ白髪か?

いいね褐色ヒロイン。もっと増えて欲しいんですよね!!!

名前以外何もわからず、結局ルート入らないと何者かもわからぬまま、

さて、一体この子は何者なのだろうか――

ひゃああああああああすごいぱwくぁあ

しかしコロコロ髪型変わるな……アクセ装備から可愛さが更に増した死ぬ。

記憶がないから感情もわからない。

恋というものもわからない。けれど主人公と一緒にいたいという気持ちはある。

だから、それが恋なのか確かめるために彼女は主人公に抱きついた。

そしてはっきりとわかる好きという気持ち。

主人公もまた彼女を守りたい。何者かわからなくても、記憶がなくても、

木乃香と一緒にいたいとい気持ちがあるから。

だから二人はその日、恋人同士になった。

しかし遡って解ったことがある。彼女はずっと前、島が出現するより前、

木乃香は死んだことになっていたのだ。

だがその事実を正直に木乃香に告げるかどうか悩むこととなる。

生きているのか死んでいるのかもわからない。

過去、死んだことになっている人間だからもう死んでいるんじゃ……

だけど確かに木乃香は此処にいる。こうして目の前で立っている。

これが死んでいるなんて信じられない。信じたくなかった。

タイムスリップをしたのではないかと思ってしまう。

今はもう主人公と一緒にいれればそれでいいから。

……しかしまさかのタイムスリップ?とは、、、なんてこったい――

あっ、終わった。。。

ってことで全員クリアして、

うーん、なんか折角ふぁんたじーな設定があるのに、

結局んとこ島が浮いてるだけなのと、

人間と半獣人が共生してる割に関わってくんのは真咲の親父ぐらいなもんだし、

ってか親父以外の人外出てこねーよな……なんかすげぇもったいない。

ファンタジーな設定使ってるからもっといろいろ関わらせてもよかったんじゃって。

だって背景にしかいないんだもんねぇ……。

とりあえず終始もったいないなぁーって印象でした。

これだとドラクリの人工島の設定とありきたりだけど吸血鬼混ざってても、

まだシナリオにしっかり関わってきてたからまだいいかなって思いました。

シナリオ自体は真咲とシャーリィのルートが特によかったです。

あとこれまでの作品同様にメイン以外のヒロインのルートも、

おまけ程度ではありますがちゃんとあったのはやっぱ嬉しい。

いつも通りクリアしたいヒロインはやはりルートがないのは残念(^q^)

絵に関してはやはり文句なしですね。

もう殆どの人が購入しているかもしれませんが、

もし買っていない人は絵がいいと思ったら是非どうぞ。

ってことでおしまい。


↑↑クリックよろしくおねがいします><
スポンサーサイト

| レビュー・攻略 | 00:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


【いろいろと応援中♪】

『プリンセスラバー!』応援中です!
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。