PGUの永久戯言

エロゲやめました……ラブライブ!にハマり、白猫メインでやってます。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HOTEL. 暁WORKS BLACK レビュー・感想



HOTEL. 暁WORKS BLACK レビュー・感想

※ネタバレあり注意


↑↑クリックよろしくおねがいします><
















■共通

まずはホテルの中で同じ従業員の二人が結婚するという話が出て、
その結婚式を成功させるまでのお話。
リアルなホテルの事情を描いてるわけではありませんが、
ってかそんなのいらないですしゲームなんで気にしちゃダメです。

しかし主人公が少しおかしいのです。いや少しじゃないか。
喩えるなら、塵骸魔京の九門克綺ぐらい変(この喩えもどうかと思うが
けれども空気の読めなささや、ところどころズレてる感じがよく似てる。
この空気の読めなささも悪気があるわけじゃなくて、本当に機械的に仕事をこなしてるのです。
とにかくきっちり仕事をする。しかしそれしかしない。それ以上のことをしようとはしない。
おかしいのは見ててよくわかります。でもここではまだ何もわかりません。

さて、これはそんな主人公と周囲の人たちが織り成す物語なのです。

序盤こそはそんなホテルの中にお客さんが来て、日常を過ごしていきます。
結婚式が近付くに連れてバタバタと忙しくなり、そして結婚式が終わってからが本編。

そう、ここからが本編なのです。

案外ここまでも長め……だったかと思います。
しかし結婚式が無事に成功してからが違います。
もういきなり大きく変わってしまって、こっちも唖然としました。

ここまででもいろいろとおかしな点が浮かびます。
このホテル結構大きいんですよ。ホールも広いし、綺麗だし、
それなのにとにかく客が少ない。従業員の方が多いんじゃないか?
とにかくここが変。ただゲームだから? みたいな程度の考えでした。
普通にそこは他にも客はいて、単純に描写されてないだけとも思ってました。

さて、そのことはまず置いておいて――

彩花の母親が死んでしまいますが、ここからが物語りの始まり。本当の始まり。

■日輪

さて、この日輪はホテルのシェフを務めている。
そしてソムリエのマーカス中佐は彼女の義理の父である。

一本道のシナリオではありますが、その途中の選択肢で個別ルートに突入すると、
最近のエロゲのシナリオでは珍しい(?)タイプなのでしょうか。

いきなり序盤の明るさから急転しての暗さが見えるこの作品。
世界が変わり始めてからというもののこの日輪の物語が始まります。

それは突然、中佐が日輪が持ってきた朝食を食べた途端に日輪を叩いたというのが始まり。
そこから主人公は従業員同士の問題で、仕事を円滑に効率よくするためには、
この関係を上手くしないとダメだなってその程度の考えでしかない。
もうそんな感じで二人の問題に平然と土足で入り込んでいくあたりさすがといえる。

中佐は過去に殺されそうになった日輪を助けた際に怪我を負って失明してしまうのです。
それで日輪は自分のために光を失った。そしてその後、中佐の妻と子の死も知ってしまい、
その事実を胸に秘めたまま、光を奪ってしまった日輪はそれを罪だと咎め、隠し通すことにしたのだ。

だが結局最後は主人公が日輪自身に無理矢理吐かせたようなもので、
それを聞いていた中佐は、これまで日輪にしてきたことを後悔し、義理ではなく本当の娘として、
日輪と中佐は親子として生きていくのでした。いい話です。泣いた。
刺々しかった中佐の毒が抜けて、めっちゃいいおっさんになるこのシーン。死ぬ。

とにかくこの「HOTEL.」だが、自分は中佐に萌えるゲームと思う。
いやね、日輪と中佐との関係の問題を解決してからというものの、
中佐がまるで人が変わったように明るくなる。ってか親バカになる。
これがまた笑えるってかニヤニヤしてしまうんですよ。
日輪のメシは最高だー日輪のメシをマズいとか言ったらーなどなど、
もうマジで可愛い。なんか中佐がヤバいぐらい可愛い。ムダに顔赤くすんな。

■アリス

主人公のことがとにかく好きだってのはわかるんだけど、
どうしても主人公の性格上、空回りしまくってるわけで。それで機嫌悪い。
どっちかというとこれは主人公の話でもあるのかな。
もっと詳しい話は次の美雨ルートで明かされますが、とりあえず……置いておいて、
主人公のためにいろいろしてるんだけど上手くいかないってのがね。

しかしよかったのは主人公の心が空っぽだったといことを知ってからのアリスの行動。
主人公は自分の感情がわからないと言い、それを知ったアリスは一気に変わる。
よかったですね。まぁ、そんぐらいで。

■美雨

これもアリスと同様に主人公の感情に関しての話かな。
あとはこのホテルのお客さんが少ない理由。
戦争をしてて、この世界はもう壊れてしまっている。生きている人も少ない。
とにかくホテルの外はもう何も無いも同然。
彼女の後ろの窓の向こう側が痛々しかったですね。建物なんて殆どぶっ壊れてましたし。

好きな場面は彼女のバックの鳥の絵が羽根だけ映って、天使に見えたのがよかった。
ちょっと急ぎ足ってか急展開すぎたかなって感じがしましたが面白かったです。
感染症(?)かなんかホテルの外でかかったかもーってちょっとね。。。

■彩花

とにかくビビらされました。

彩花は母親が死んでからのキャラの反転具合に背筋が凍りました。
あの明るかった彩花がどこへ行ってしまったんだって叫ぶほどです。
これは本当に声優さんの名演技がさらに拍車をかけてますね。
とにかく明るいトーンからいきなりおぞましいほどに真っ暗になってこっちも死に掛けます。

死にたいと、母親のいない世界に未練なんてない。
彼女は自殺を試みます。なんとか止めることはできましたが、
それでも死にたいの一点張り。もう見てて痛々しいです。辛いです。
周囲はとにかく本当にこのままだといきなり死んでしまいそうな勢いなんで、
みんなでどうするかって協力し合ってるのもよかったですね。
実はこれ、他のヒロインの問題を解決した後にこの子のルートになるんで尚更いいんですよ。
ぶっちゃけ他のヒロインの問題解決してなかったら……って思うとね。
そんなこんなでみんなで彩花を元気にしようって頑張るのがいいですよね。
しかし最後はやはり主人公ですよ。主人公の説得シーンがマジでジーンっときます。
母親が最期に描いた絵は何のために描いたものなのか。

死を連呼する彼女に主人公は訴えます。
死ねばいいのか、死んでしまえばそれでおしまいか。
死ぬことがいいのか。そんなわけがあるかと。

最後、泣きながら扉を開ける彩花を抱き締める主人公マジ最高。

■サラ

彼女が来たから、この物語は終わりにまで辿り着けたはずです。
きっと彼女がこのホテルに足を踏み入れなければ、何も変わらず、変えられず。
そんな彼女が奏でる旋律が、この物語を優しさで満たせたのだと思います。

周りではよく折角一番のメインなのにこれじゃーねぇーってのをよく見ます。
まぁ、オチとかもちょい陳腐な気もするけど俺は気にしてません。
最後の出て行く>やっぱり好きだから無理みたいなノリも自分は結構好きなんですけどね。

それにスタッフロール後が特に最高。
ここまで来れたーって思って、つい泣いてしまいましたよ。
特にこの物語を一番見守ってくれていたアイツも消えるしね。さすがに泣くよ。

確かに周りのヒロインにもちょっぴり関わってくるし、
メイン中のメインだったからこそ期待は大きかったかもしれませんが、
それでも自分はこの物語の最後を飾るヒロインだっただけに最後まで楽しめました。

■感想

とにかく少し暗い感じがします。しかしこのお話はとにかく「優しい」のです。
また各キャラクターたちにおける感情に対しても重点が置かれていると思います。
どのキャラにも心の傷があり、それが明かされていく度に見てるこっちは溜息を吐くことになります。
ぶっちゃけアフロですら過去の記憶が一切なかったりするんですしね。

ちょちょさんの絵は好き嫌いがはっきりしそうですが、僕は大好きです。
結構ロリっぽいキャラが多いイメージなんですが、とにかく主人公がデカいってのもあって、
主人公を見上げたり、上目遣いのCGがあって僕は大満足でした。可愛いのですね。

唯一悲しかったのはOPムービーで使われていないCGがあったような気がします。
……間違ってたらすみません。ただそれすごく印象に残ってたんで。。。

周囲の評価や感想等は見ていないのでわかりませんが、自分は良作に分類されるレベルです。
泣けるとこもあったし、特に最後は久しぶりにこういったゲームで泣いた気がします。
見た目で敬遠されそうな気もしますが、勿体ないです。おすすめ。
是非ともプレイしてみてください。部分的には残念なところも見えますが、
それを補うほどにキャラクターの一人一人の個性がよく出ていると思います。
主人公に関してもかなり高評価です。空気が読めないとここだけ見れば嫌かもしれませんが、
いろんなヒロインの問題に直面したとき、とにかくすぐに行動する立ち回りに惚れ惚れします。
日輪ルートでの「一度言ったことは必ず守ります」ってセリフを聞いたときは痺れました。
もうなんだ、この主人公になら抱かれていいっすわ。マジでカッコいいんで。
あと声もカッコいい。今作の主人公以外に演じているキャラがわからないので気になります。

今なら安値で購入も出来るのでオススメです。
普通にこの値段でこの内容なら十分面白いと思います。
それでは今回もこんな感じで急ぎ足で書いたんで酷いですがこんなもんで。

ここまで読んでくださってどうもです。


↑↑クリックよろしくおねがいします><
スポンサーサイト

| レビュー・攻略 | 13:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


【いろいろと応援中♪】

『プリンセスラバー!』応援中です!
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。